ナンバー2のCセラムってどんな製品?

ビーグレン(b.glen ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社)の人気アイテムについてご紹介しています。

今日詳しく見ていくのはCセラム。

現在1位のクレイウォッシュに続き、堂々の2位を獲得している美容液です。

 

売り上げ総数188万本以上のCセラム

 

1位に君臨していた時期もあるようなので、紛れもなくビーグレンの人気アイテムと言えるでしょう。

 

Cセラムの特徴は?

ビーグレンのCセラムはビタミンCを配合した美容液です。

結構分かりやすいネーミングになっていますよね。

(CはビタミンC、セラムは美容液の意味ですね)

 

このCセラム、実は開発者のブライアン ケラー博士がスキンケアの世界に足を踏み入れるきっかけとなった商品なんですよ。

もともと薬学で医薬品を必要なところに届ける「ドラッグデリバリー」の研究をしていたケラー博士は、肌の悩みでため息をついている奥さんのスキンケアを見て「美容成分が肌の必要なところに届いていないのかも」と気付いたそうです。

そこで肌に良さそうな成分をケラー博士のドラッグデリバリーシステムを応用して美容液を作ってみた所、奥さんに大好評。

この試作品がのちのCセラムとして世の中に出回る事になるんですね♪

 

ビタミンCと聞くと、大抵スキンケアに配合されているのは「ビタミンC誘導体」という成分かと思います。

ビタミンCは美容に有益ながらも実は安定的に化粧品に配合するのが難しい成分と言われています。

そこで「誘導体」という形にして肌の中でビタミンCパワーを発揮するようになっているみたいです。

ビーグレンのCセラムに配合されているのはこのビタミンC誘導体ではなく純粋な「ピュアビタミンC」です。誘導体タイプに比べて、純粋な分、即効性があるそうですよ。

また、ビーグレンの浸透技術で、ナノサイズのQuSomeカプセルに包まれているため、ピュアビタミンCを安定的に、必要なところに届け、しかもそこに留まらせることができるのだとか!

 

 

ビーグレンの浸透力を実感してしまうと、もう今までのスキンケアには戻れない?!そんな気さえしますよね。

 

Cセラムの口コミ

ビーグレンCセラムのメリットは現役ユーザーさんの口コミを見ていただくのが一番分かりやすいのではないかと思いますので、口コミをいくつかご紹介しますね!

鼻の毛穴の開きに長年悩んでいましたが、このCセラムを塗り続けることで、毛穴が以前より小さくなってきたような気がします。毛穴が小さくなることでニキビもできにくくなったように思います。(30代前半 乾燥肌)

 

使い始めたばかりの頃は少しヒリヒリする感じがありましたが慣れてきて小じわも減った気がします。(40代後半 敏感肌)

 

元々肌は白い方なのですが、年齢と共にシミやくすみが気になっていました。Cセラムを使いだしてから肌の白さを褒められることが増えました。嬉しい限りです。(40代後半 乾燥肌)

ビーグレン公式サイトに載っている口コミをほんの一部ですがご紹介しました。

ユーザーさんが実感しているメリットとしては

毛穴の開き

ニキビ

小じわ

美白

こんな項目が挙げられると思います。

ビタミンCは美肌と呼ばれるのに必要な要素にアプローチできる成分なんですね。

普段のお手入れにCセラムを1品加えるだけで肌に違いを感じられそうです。

 

一方、Cセラムには「ヒリヒリする」「乾燥を感じる」「匂いが独特」というマイナス評価もみられます。

メリットを感じている人が断然多く、ゆえに人気アイテムとなっている訳なのですが、お肌の状態は人それぞれですので、まずはお試しで使ってみるのがおすすめです。

 

尚、ビーグレンはトライアルセットが6種類もあるのをご存知でしたか?

お肌の悩みも人それぞれなので、ビーグレンはトラブルに合わせて最適なアイテムをセットし、6個のトライアルセットから選べる様になっているんですよ。

 

6種類のトライアルセット 豪華ですね!

 

Cセラムは実はどのトライアルセットにも入っているので自分にふさわしいと思われるものを選んでみてくださいね。

 

最後に、Cセラムの成分を知りたい方の為に成分の一覧を載せておきます。

ビーグレンではビタミンCのパワーを最大限に実感できるよう、シンプルな処方となっているそうです。

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

※ビタミンCは「アスコルビン酸」と表示されています。

使用成分は6個で、本当にシンプルな処方ですね!

 

関連記事 クレイウォッシュ 口コミ (堂々1位のクレイウォッシュについてはこちら)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です